上海観光地

上海龍華寺(ロンファース)
上海あちこち 2015-10-19
上海地区において最も歴史をもち、規模が最も大きいお寺で、三国時代の孫権によって、西暦242年に建てられたと伝えられている。その後五代、北宋と明代に再度立て替えられ現在は、清代1862-1896年に再度建てられたものとされている。
上海外灘(バンド)
上海あちこち 2015-10-19
上海外灘(バンド)は黄浦区の黄浦江側ニある、上海の中心地で、観光客必ず訪れる所である。昔の租界地で、ヨーロッパ風な建物がたくさん残っている、また、黄浦江の対岸には東方明珠塔、金茂大廈など現代名建物もある、バンドは北の外白渡橋から、南は金陵東路まで、全長1.5キロメートルある、バンドの周辺は昔も今も上海の文化、経済、政治の中心地である。
上海人民広場
上海あちこち 2015-10-19
上海人民広場は敷地面積13.7万平方メートルある、市役所がある上海の中心地である。昔は上海乗馬場であった、1951年と1993年の2回改造によって大きく整備された、南京路繁華街に近く、地下鉄の便利も良い。
上海南京路
上海あちこち 2015-10-19
外灘を基点に、26の街道を横切り、上海の中心を通る、約5.5キロメートルの道路である。道路沿いには約600の専門店が建ち並び、毎日約170万人の人々がこの道を行き来する。また、有名な店も多く、〝中華商業第一街〟とも評されている。
上海豫園
上海あちこち 2015-10-19
上海豫園は黄浦区に位置する、明代の1559年に建てられた庭園である。中国江南古典名園として名を知られている。 現在は上海名観光地となっている、隣には城隍廟と商店街あり、有名なレストラン多く、南翔小籠包、緑波廊レストラン、上海老飯店などある。
上海東方明珠
上海あちこち 2015-10-19
1991年7月30日着工し、1994年10月に竣工した、高さ468メートル、アジア一番、世界3番目の高いテレビ塔である。上海のシンボルとして名を知られている、上海陸家嘴金融区に聳え立ち、上海の改革開放の印である。
上海科技館
上海あちこち 2015-10-19
浦東大道東側,浦東行政地区の南側に位置する。総敷地面積7万平方メートル,総建物面積9万平方メートル、天地,生命,智慧,創造,未来を基本展示テーマとしており、人,科技,自然の展示物があり、また、立体映画展示場を備える。。
上海海洋水族館
上海あちこち 2015-10-19
アジアで最も大きな水族館で、155Mにおよぶ海底観光トンネルは、世界一長い。総建築面積20,538平方メートル、館内は8箇所のテーマに分かれ28の大型展示の水槽を持つ、世界各地の約300種類の生物がおり、1万匹の各種魚が見られる。
上海金茂大厦
上海あちこち 2015-10-19
総高さ420.5メートル、現在世界第3位,中国一番高いビルで、総土地面積2.3平方メートル,地上88階建て、地下3階,総建築面積29平方メートル、ビル内にはオフィス,ホテル,観光展望室等がある。88階は展望室になっており、高さ340.1m,面積1520平方メートル,国内最大の展望室となっている。
上海外灘観光隧道
上海あちこち 2015-10-19
外灘と浦東地区を結ぶ観光トンネル,全長646.70メートルで乗り物に乗ってわたる、主要時間は約5分 トンネルの壁にはイルミネーションや音楽で飾ってある。