上海静安寺(ジンアンス)

安運路江寧路口に位置する近代寺院の一つで西暦1882年普陀山高僧慧根がインドから帰国の際、上海で留まるために作られた。最初はこの場所ではなく江湾地区にあったが辛亥革命のとき壊され、1918年の現在の位置に再建された。

      

ユーザー評価