上海の地下鉄

上海の地下鉄は1995年4月10日に始めてスタート、2013年現在は1号線から13号線まで総長472キロに達した、近い将来は660キロまで造る予定である。運賃が安く、上海市民に欠かせない交通手段となっている、旅行者にとっても便利な移動ツールである、6キロ以内は3元で、6キロ以上は10キロに1元アップが基本である。チケットは自販機と窓口の両方で購入できる、切符はプラスチックのカードになる。中には空調付きで、市内の観光地を回るには便利のよい地下鉄だが、朝・夕ラッシュ時の混雑は大変混雑する。5時30分から湯夕方22時30分まで運行している、運行間隔は5-10分程度である。

    

ユーザー評価