上海の歴史

上海は昔『上海浦』と言う村で、唐の時代は華亭県に属し、宋の時代は上海県に属した、町としての歴史は1843年から数えて170年間になる。1842年、清王朝がアヘン戦争に負け、イギリスと『南京条約』結び、上海港を条約埠頭として開港、イギリスとフランスの租界地が初めて形成された。租界はいわゆる植民地で、治外法権をもつ外国人の居留地となる。共同租界には欧米の金融機構が自由に進出した。1912年中華民国になり、上海の経済が大きく伸び、1920年代には中最大の都市に発展した。1921年7月、中国共産党第一大会は上海にて開いた、1927年4月12日に『四・十二』事件が起こり、共産党と国民党が分裂した、1932年1月28日に『一・二八事件』、1937年8月13日に『八・一三事件』が上海にて発生した、そして、中華人民共和国成立後、上海の租界地は全部廃止された。


     

 

ユーザー評価